未分類

出店方法について

seedlabs No Comments

記録的な暖冬となりました今年の冬ですが、人気のキッチンカーは元気に活躍しています。

キッチンカーを呼ぶ時に、まず出店依頼したらいいのか?分からないというお客様からの
ご相談をよく伺います。
いろんなご依頼がありますが、私がよくご説明させていただいている内容ご紹介します。

当協会では大きく分けて3つの出店方法があります。

通常出店→お金をお客様から頂かないで、普通に出店する形式
ただし、売れる場所でなければ出店店舗の生活を守れませんので、
台数・出店の可否は当協会のジャッジになります。

買取出店→ある食数を買い取っていただく形式です。商材代5万円以上から出店派遣させていだだいております。
他に出張費・消費税・電気代・事務手数料をいただいております。
買取形式は、お客様自身で自由にお値段をつけていただけます。
売上金は納金となります。
例)無料配布・500円のものを100円で売る。あるいは500円のものを600円で売る。
ですので、商材代と同じ金額が納金となる場合には実質のご負担金は出張費・消費税・電気代・事務手数料のみという
ケースもあります。

売上保障出店
についてはまだ次回ご説明します。

[19日 救援物資のお届け 活動報告]

seedlabs No Comments

炊き出し 支援物資 移動販売19日はリトルグランマの岩井さんからのご相談で、ロケーションサービスのMさんを紹介していただき、Mさんの支援物資の要請により救援物資を館山に運んできました。

物資は被災していない事務所に運びました。

到着するとすぐに地元の高校生のボランティアの子たちが物資の仕分けに入っていました。そちらから被災地へ細かくMさん達が届けてくれます。

高速降りてから事務所の周りまでは、電気も来ているし、物流も平常です。

館山は、壊滅的にやられていて地区全体のお家がほとんどやられている場所があります。そちらは通電しても長期戦の避難生活となります。

特にひどい場所は、海沿いの沿岸部の山間、布良(めら)、相浜、洲崎、加賀名地区だそうです。加賀名では200世帯が孤立しているのが台風から11日たって発見されたばかりで、孤立しているのに発見されるまで時間がかかっている小さな集落があります。もちろん全然物資も届いていないし、お年寄りばっかりで取りに来ることも状況を知らせることもできていなかったとのこと。
山間部の各家へ細かい支援が必要となります。

水とカップラーメンばかりが大量に届き館山市は支援物資の受入れを打ち切ったため、逆に物資が不足し、それらの地区の方がさらに悲鳴をあげているそうです。

また、自立してないミーハーボランティアが流れ込み炊き出しの列に並んでしまいで非常に妨げになっているとおっしゃっていました。

Mさん達の要請により、今回届けた支援物資です。

・子供用オムツ 6箱

・大人用オムツ 7袋

・おしりふきシート 5箱

・粉ミルク 大缶4個

・ミルク缶 4個

・離乳食 14個

・ランタン 5個 燃料 15個

・UV剤入りの土嚢袋 23袋

・熱さまシート(体調を壊す方が出始めてきている)

赤ちゃん用5箱 大人用39箱 子供用6箱

・トラロープ(落下物からの事故を防ぐ)

               100メートル巻き10個

・電池(単1 40個と単3 100個)

以上 160480円(アラスより)

現在は、館山全域、南房総全域の停電が解消したとのご連絡いただきました。

衣食住のょ

seedlabs No Comments

今日は!

昨日から8月に入り全国的に猛暑を通り越し記録的な灼熱地獄化しています関東地方です。

うなぎも年々高くなるし暑すぎて食欲ややる気も損なわれていることと思います。

真夏の警備員さんを見ていると重装備の服装で大丈夫か?と思います。ご高齢の方も多いし

今回は衣食住のょです。

よと言えばこの季節にぴったりな夜祭では無いでしょうか?

ある程度、気温が下がった時間帯から始まるので人気がありますし歴史も長いです。

夜祭といっても沢山御座います。

ねぶた、阿波踊り、七夕、花火大会、よさこい、盆踊り、企業納涼祭、地元納涼祭、マンション自治会納涼祭、大小様々です。

#移動販売#キッチンカー #ランチ#イベント#東京#神奈川#千葉#埼玉#ビジネス#ケータリング

ひと昔前は多くの露天商が連なっていましたが、現在では諸々の条例に伴いキッチンカー や普段はキッチンカー ですがテントの出店に切り替えて国際屋台やB級グルメなどで賑わってます。

昔はりんご飴やイカ焼きなどでしたが現状の夜祭で見かけるのは牛串やアジアンフード、タイフードどれも魅力的な店舗で連なっております。

衛生面でもかなり綺麗になりました。個性豊かな店舗も多いです。

#キッチンカー #移動販売#ケータリング#イベント#ビジネス#運動会

まさに夜祭は夏の風物詩ですね!

まだどこの夜祭にも行けていない方はこれから毎週の様にお祭りがありますので是非、参考にして下さい。

https://www.enjoytokyo.jp/feature/matsuri/summer/?__ngt__=TT0e892fe90002ac1e4a59eeD_-AloEMxqgXSWfpc0xDc5

#キッチンカー #移動販売#ケータリング#出張フード#ビジネス#ランチ#イベント

それでは熱中症にはくれぐれも気を付けて夜祭をエンジョイして下さい。

NPO法人アラスキッチンカー 協会

 

キッチンカーのランチ営業の話・その9 ~明日なにしよう?~

seedlabs No Comments

こんにちは!

列島各地で記録的な酷暑となっています。
屋外での仕事が基本の私たちキッチンカーオーナーにとっては、本当に厳しい夏になりそうです。
ランチ営業はほんの数時間なのでまだ何とかなりますが、営業時間の長い週末のイベント営業などでは要注意です。
気象庁が「命を守る行動を」と警告していることを甘く考えずに、しっかりと準備して対策をとりましょう。

さて、前回は「ビジョンを掲げることの大切さ」についてお話ししました。

明確なビジョンを掲げたら、次に決めなければならないのが“ビジョン達成までの道筋”です。

ビジョンは明日、明後日の理想像ではありません。
例えば前回のブログに例として挙げた「一日200食のアベレージで月250万円の売上げをたたき出し続ける、ランチ業界ナンバーワンのキッチンカーになる!」ということをビジョンとして掲げるとしたら、それは一年や二年で達成できるものではありません。
仮にビジョン達成までに5年かかるとしましょう。
5年という時間は過ぎてしまえばあっという間ですが、この先5年と考えると、しっかりとした計画を立てればかなりのことを成し遂げることができるであろうかなりのまとまった時間です。

つまり、いきなり5年後にジャンプすることはできないわけで、5年後にそこに到達するためには、3年後には最低限ここまで行こう、そのためには2年後にはここまで、そのためには来年の今ごろまでにはここまで行こう・・・という段階的な目標を掲げて5年後までの道筋をデザインすることが大事なのです。

5年後、3年後、2年後、来年の今ごろと順を追って逆算してそれぞれの到達点を考えていくと、とりあえず一番近い「来年の今ごろ」の予定到達点が当面の目標となります。
それが明確になると、今度はじゃあ来年の今ごろまでにここまで行くにはどうしたらよいかということを考えるようになります。
いきなり5年後の大きな目標に到達するためにはどうしたらよいかと考えても、現状との差がありすぎて上手に考えることができないでしょう。
それが来年の今ごろの到達点というより小さな目標であれば、何をどうしたらよいのか考えやすくなるはずです。
来年までにここまで行くには、こんなお店になって、このくらい売り上げてないといけない。そのためにはまずはあれをやって、これをこうして、ああ、そういえばあんなこともしないといけないし、こんなこともしてみたいな・・・といろいろなアイデアが浮かび、自分に対していくつかの決意表明をすることにもなるでしょう。

それこそがまさに「戦略」なのです!

「戦略とは、明日何をするかである」とは、1999年当時、経営危機に直面していた日産を短期間で再建させ、「世界の10人の最強事業家のひとり」と称賛されたカルロス・ゴーン氏の言葉です。

来年の今ごろ達成したいゴールが決まると、来年の春までには、今年の冬までには、秋までには・・・と逆算してそれぞれのさらに小さな目標、予定が決まってきて、最終的には「まずは明日何から始めるべきか」が見えてきます。

このようにして、ビジョン達成までの道筋をデザインし、道中に設定した道しるべを予定どおり通過し続けるために何をするべきなのかを考えることがいわゆる「戦略づくり」といわれるものです。

5年後に「一日200食、月250万円」なら、
3年後は「一日100食、月125万円」、
2年後は「一日80食、月100万円」、
来年は「一日60食、月75万円」、
来年の今ごろまでにコンスタントに一日60食売れるお店になるには、メニュー、レシピ、価格、仕入れ、POPや看板の見直しから車の掃除、服装の検討、接客の仕方、自分自身の見せ方などなど、やらなければいけないこと、やるべきことがたくさんあるでしょう。

次回からは、売れるお店、強いお店になるためにやるべきたくさんのことについて、3年前にはまったく売れないダメなお店だった私が実際にやってきたことを一つひとつお話していきます。

酷暑の三連休の中日、みなさん元気に過ごしてください(^-^)ノ

タイ料理 グリーンカレー おいしい移動販売 おいしいキッチンカー
暑い日はやっぱりカレーでしょ!
グリーンカレー大好きです♪スパイスのきいたインドカレーも、甘い日本のカレーライスも全部好き!!

衣食住のし

seedlabs No Comments

今日は

アラスキッチンカー 協会です。

今回はいしょくじゅうしについて考えて見たいと思います。

しと言えばその通り死です。

生命体は生まれれば遅かれ早かれ必ず死に直面します。

人間誰しも生きていて死にたいと思った事はある筈です。

でも死なないのは死に体しての恐怖感がありますからそう簡単ではありません!

死も色々とあります。

病死、事故死、自殺、自然死、老死など様々です。

誰でも体も痛くなく眠る様に死にたいと思っている筈です。

しかし運命だけは誰にも解りません!

#キッチンカー #イベント#ランチ#移動販売#買取

食も大事で人間、動物も食べなければ死にます。

食欲も生きる証なのです。

最近はコンビニ等が石を投げれば当たる程あります。

食べる物も大事で(神経質になることはないですけど)遺伝子組み換え、保存料、添加物、ゼラチンなど大量に摂取しますと肥満になったり成人病まっしぐらです。

最悪はガンになったりします。

戦争時代を生きた人達80代〜90代の方々は健康な方々が非常に多いです。

青春時代は悲惨だったと思います。食事が思う様に取れず配給などの芋や米、菜っ葉や大根など!

でもこの質素な食事が長寿で健康の要因では無いかと思っています。育ち盛りにオーガニックな食事で腹4分めか5分め、胃も小さくなり過剰な食事は取らない。和食のみなので食事に不純物が入っていないので成人病にもならない。肥満もない。

高度成長時期に一気に合成着色料、甘味料など物も豊かになる度に食に関しても不純物が多くなって行きました。

キッチンカー の食材は皆さん気を付けており意外と不純物は少ないんです。

コンビニやMのハンバーガーなど安くて手軽ですが、身体の事を考えると疑問詞が出ます。

その時は安く済んでも病気になったら病院に通い治療費や時間など考えたら果たしてコンビニ弁当などは安い!でしょうか?

食を選ぶのも生死を選ぶことに繋がるのだと思います。

昨今、若い方々に肥満や薄毛な方々が非常に多いです。

運動不足も勿論ですが大量に不純物の摂取も考えられます。

若ハゲも不純物の大量摂取により頭皮に余分な脂がたまり体毛だけが濃くなっていく、つまり頭皮の毛が頭に行きづらくなり腕や足、胸などに集中していく訳です。

#キッチンカー #移動販売#ランチ#イベント#東京#イベント

少しでも長く健康で生きる為には今一度、食を考え直してみてはいかがでしょうか?

余分なサプリなども考えものですね!

素敵なライフを充実させて下さい。

NPO法人アラスキッチンカー 協会

新連載!いしょくじゅう

seedlabs No Comments

こんにちは!

関東地方も梅雨入りまじかで嫌なシーズン到来ですね!

衣替えは終わってますか?

https://youtu.be/HogL7m1dJCc

いきなり怖い画像ですみません!必ず20年〜30年内に来ると言われている南海トラフ地震です。

今回の連載からいしょくじゅうのいから考えて見ましょう!

もしも予期せぬ災害に見舞われたたなんと言っても食事ですね!

昔は衣食住と良く言われましたけど現在では食と住ですね!

災害にお洒落などあり得ません!化粧品も要りません!
入浴中などに大地震が来たらきのみきのままでしょう!

衣食住のいは移動販売車なのです!

災害時にどこへでも行きます。

温かい食事の提供も出来ます!

お腹が満たされれば心も満たされ生きる希望が出て来ます。

着るものは最低限の物でも良いでしょう!

しかし食だけはそうは行きません

皆さんも防災セットをもう一度見直して下さいね!
消費期限切れのカンパンや電池切れなどあるはずです。

何も準備されていない方は備えあれば憂いなしですので防災セットを購入しましょう!

the-life-changes-when-I-notice-the-importance-of-foodclothing-and-home

NOP法人アラスキッチンカー協会

アラスキッチンカー 協会の強みとは?

seedlabs No Comments

今回はアラスキッチンカー 協会の強みを考えて見ました。

キッチンカー 業界には様々なキッチンカー を斡旋する企業及び団体が所属します。

他の斡旋企業は社員も多くいますので会社家賃、社員給与など様々な固定費が発生致します。

従って維持するには利益が必要になります。

利益を取る為に買取金額や出店費用など粗利を出さなければならないので買取や出店費用など支払うクライアントはどうしても高くなってしまいます。

又、出店者からの出店費用で賄っている部分もあるので出店者が売れようと売れなかろうと費用さえ取れれば関係ないなどの悪徳な斡旋会社も存在します。

近々で言えばグルメンピック見たいなこれは詐欺ですが、詐欺ではないものの高額な出店費用を要求する斡旋会社も残念ながら存在します。

これらの社員は実際に自分でのキッチンカー での出店は無く斡旋業務だけです。

アラスキッチンカー 協会の理事長を初めとする執行役員は全て自分達でも実際にキッチンカー所有し出店もしています。

ここに差が生まれます。

実際に自分達で出店を行なっているのでお客様のニーズや将来のニーズが情報として入って来ます。

なのでクライアントの何を求めているのか?

出店者は何を望んでいるのかをいち早くキャッチ出来ます。

クライアント様のお悩みや出店者の悩みなどの解消を少しでも和らげる事が出来るのです。

又、NPO法人と言う観点から利益の追従はあまり行いません。

何故か?理事長及び執行役員の給与など無くボランティア精神で行なっているので固定費用などが掛からないからです。

事務所経費や固定費なども僅かな費用で運営しております。

但し、NPO活動も御座いますので緊急な天災が起きた時などの

経費費用も必要になりますので出店者から見あった出店料を頂いております。

過去の例では地震などの被災地に炊き出しに行ったり緊急な必要物資などを届けております。

クライアント様にはお安く提案出来て当協会の出店者にも還元する。

この基本理念があるので他の斡旋企業との差が生まれるのでは無いかと思っております。

又、なるべくクライアント様と直でお仕事が出来る様に努力しておりますので間に何社もイベント会社を絡めて無い事も強みなのでは無いかと思います。

どんな些細な事でも結構ですのでお問い合わせを頂きましたらイベントや企業様謝恩会、ランチ、ケータリングなど大成功する様に親身にご相談に乗らせて頂きます。

是非、お待ちしております。

#キッチンカー #イベント #ケータリング#お祭り #企業 #ランチ

 

NPO法人アラスキッチンカー 協会

 

春のランチ始動

seedlabs No Comments

今日は!

関東地方は桜も散ってしまいました。

その途端、急に気温が低くなりました。

そんな寒さを吹き飛ばすアラスキッチンカー 協会が携わっている春のランチが始動しました。

八王子にある日本工科大学 片柳学園で期間限定のランチです。

この学校は敷地の広さが東京ディズニーランド位の巨大な学校です。

大学 片柳学園、専門学校、アカデミースクールとマンモス級の学校です。

ランチ始動にあたりお天気にも恵まれて8台のキッチンカー が出店しています。

月曜〜金曜まで日替わりでキッチンカー が入れ替わります。

大好評で1台の平均が120食〜130食で最も売れたキッチンカー は150食で完売してしまいました。

学生さん、職員の方々に大好評でスタート致しました。

キッチンカー 移動販売 ランチ イベント 出張

キッチンカー 移動販売 ランチ イベント 出張

キッチンカー 移動販売 ランチ イベント 出張

NPO法人アラスキッチンカー 協会

キッチンカーのランチ営業の話・その4 ~お客さんとファンの違い~

seedlabs No Comments

こんにちは!
4月に入って急に暑くなりましたね。
新年度を迎えて気持ちも新たに再スタートの
季節です。訳もなくワクワクします。笑

さて、前回は「リピーター=常連客にあらず」
というお話をしました。
増やすべきはただのリピーターではなく
「ファン」なんだけど、ファンは胃袋だけ
ではつかめないというお話でした。

今日はリピーターとファンの違いについて
考えてみましょう。

答えを先に言ってしまうと「リピーターは
お客さんであり、ファンはお客さんの域を
超えた人である」ということです。

お客さんは常に主導権を握っています。
お店に来るも来ないも、商品を買うも
買わないも、すべてお客さんがお客さんの
都合で決めます。

それに対してファンはどうでしょう?
ファンはお店に来ることに幸せを感じ、
それゆえお店に来ることを当たり前のことと
考え、来れなくなる原因を排除する努力さえ
してくれます。
商品を買うことに幸せを感じ、そのために
他の物の購入をあきらめたりさえします。

お客さんの域を超えないリピーターさんは
雨が降ったり、雪が降ったり、他にいい
お店を見つけたり、会議や打ち合わせが
入ったり、ダイエットや節約のために
お弁当を持参するようになったりすると
当たり前ですが来店してくれません。

それに対してファンはどうでしょう?
ファンはそれこそ雨が降っても雪が降っても
槍が降っても来てくれます。
これ以上のお店はこの辺りにはないと信じ、
会議や打ち合わせもこちらの来店日時を避け
ダイエットや節約も週に一日くらいはお休み
してまでも来てくれるのです。

すごいことですよね。

でも、ファンにとってはすべて当たり前の事
なんです。

AKBのファンやエグザイルのファン、
羽生結弦選手やC.ロナウド選手のファン
などなど、みんなそうですよね。
全てをなげうってでも、何の疑問も持たず、
何の躊躇もせずにできる限りの応援をする。

それがファンであり、ファンにとっての
幸せなんです。

さすがに移動販売と有名人では天と地ほどの
差がありますが、それでもレベルは違えど
同じようなことが言えるのです。

増やすべきはお客さんではなくファンである
とはこういうことなのです。

いつもファンでいっぱいのお店にできたら、
これ以上の喜びはないですね。

さて、次回は「なぜファンは胃袋だけでは
つかめないのか?」というお話をしようと
思います。

飲食店なんだから、胃袋でしょ!
胃袋でじゅうぶんでしょ!?

さあ、どうでしょうかね?

ではでは、また次回です。
みなさん、良い週末を♪

ハワイ ロコモコ丼 ケータリングカー 移動販売車 グルメ ランチ 派遣 出張 依頼

ハワイ ロコモコ丼

アラス仰天ニュース速報

seedlabs No Comments

桜が満開になりつつ東京地方!

皆さん楽しんでますか?

花見と言えばキッチンカー

キッチンカー と言えば役30年前からこの業界を今日に至るまで尽力されている当協会の代表代行の楠本氏がNHKBSプレニアム「小野田さんと雪男を探した男」と言うタイトルのドキュメンタリータッチのドラマに出演しております。

昨日、放映され見逃した方はタイトルで探して見て下さい。

180325onoda2

記憶にも新しい小野田少尉を日本政府も探せずにいた時期、鈴木紀夫氏が青年期時代にフィリピンにて小野田少尉を探し、出会い小野田少尉を日本に帰国させる第一人者のお話です。

終戦を知らずフィリピンのジャングルの生活を余儀されなくなった4人の日本兵の一人小野田さんとの出会いから始まる番組です。

残る3人は戦中から無念にも帰国を果たせずにフィリピンにて戦死してしまいました。

残る1名の小野田少尉が終戦をプロパカンダと疑い戦争が終わったにも関わらずフィリピンのジャングルで数十年生活をしていました。

その小野田さんに会いに日本から単独で行き小野田さんを日本に連れ戻した立役者の第一人が鈴木紀夫氏でした。

その鈴木氏と大親友だった方が楠本氏だったんです!

鈴木氏が小野田さんに日本が戦争に負けた事や現在の日本の状況を話しますが半信半疑です。

日本政府、各新聞社が動きましたが小野田さんは律儀に当時の軍国日本の定義を疑う事なく命令が無いと駄目とのことだったので当時の小野田さんの上官と鈴木氏がフィリピンに向かい

小野田さんを納得させて日本に帰還させたお話からこの番組は始まります。

その鈴木氏の親友の証言として楠本氏が出演されています。

 

是非、ご覧下さい。