Tag Archives: #移動販売

アラス仰天ニュース速報

seedlabs No Comments

桜が満開になりつつ東京地方!

皆さん楽しんでますか?

花見と言えばキッチンカー

キッチンカー と言えば役30年前からこの業界を今日に至るまで尽力されている当協会の代表代行の楠本氏がNHKBSプレニアム「小野田さんと雪男を探した男」と言うタイトルのドキュメンタリータッチのドラマに出演しております。

昨日、放映され見逃した方はタイトルで探して見て下さい。

180325onoda2

記憶にも新しい小野田少尉を日本政府も探せずにいた時期、鈴木紀夫氏が青年期時代にフィリピンにて小野田少尉を探し、出会い小野田少尉を日本に帰国させる第一人者のお話です。

終戦を知らずフィリピンのジャングルの生活を余儀されなくなった4人の日本兵の一人小野田さんとの出会いから始まる番組です。

残る3人は戦中から無念にも帰国を果たせずにフィリピンにて戦死してしまいました。

残る1名の小野田少尉が終戦をプロパカンダと疑い戦争が終わったにも関わらずフィリピンのジャングルで数十年生活をしていました。

その小野田さんに会いに日本から単独で行き小野田さんを日本に連れ戻した立役者の第一人が鈴木紀夫氏でした。

その鈴木氏と大親友だった方が楠本氏だったんです!

鈴木氏が小野田さんに日本が戦争に負けた事や現在の日本の状況を話しますが半信半疑です。

日本政府、各新聞社が動きましたが小野田さんは律儀に当時の軍国日本の定義を疑う事なく命令が無いと駄目とのことだったので当時の小野田さんの上官と鈴木氏がフィリピンに向かい

小野田さんを納得させて日本に帰還させたお話からこの番組は始まります。

その鈴木氏の親友の証言として楠本氏が出演されています。

 

是非、ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

移動販売の歴史⑩ メニュー編

seedlabs No Comments

今日は東京も寒波が抜けつつ立春を迎えました。
2月はアラスキッチンカー協会の1年の締めくくりの総会が御座います。
皆様も確定申告や決算の企業も多く税理士、司法書士が大活躍する月でも御座います。

そんな前置きはさて置いてる今回はキッチンカーのメニューに特化して見たいと思います。

日本の移動販売の歴史は以前にも述べていますが商売的には江戸時代からが本格的なスタートだと言われております。
勿論、車など無い時代ですから屋台形式です。
ほとんどのお店が江戸前鮨だったそうです。
生物を提供するなんて今では嘘でしょう?と思いますがこの時代は盛んだったようです。
機材なども無い時代ですから包丁で魚をさばきシャリの上に乗せる!
腕だけでの勝負だったのでは?と思われます。

それから時代が進み、移動型の屋台ラーメン、焼き芋などから進化して現在では生物(保健所から禁止されています)以外は何でも調理出来ますのでお寿司以外でやる気次第では何でも可能かと思います。

分類に分けるとおおまかには下記の通りになります。

・スイーツ系

クレープ バナナチョコ

スイーツはクレープを筆頭に多種多様です。

・B級グルメ系

せんべい汁

主に地域性を表しております。

・国際屋台系

IB_S_BASIC_COPYRIGHT =

IB_S_BASIC_COPYRIGHT =

海外物、アジア、アメリカ、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカなど

キッチンカーでは範囲が狭いので割と一つの商品に特化してる事が多いです。
店舗みたいにキッチンスペースやイートインスペースが無いので何でもかんでもは出来ません!
その分1つの商品に特化しているのでクォリティも高く、味、見た目、食べ易さ、手軽さをかなり意識しております。

なのでリピートのお客様も多いのです。

一流レストランで5,000円位のステーキでも1,000円前後で食べれます。
やはり、立地の店舗賃貸料、人件費、広告費、電気代、その他の経費が削減出来るので商品にその分を上乗せする事が無いのです。
なので高級食材でも安価で食べられる事もキッチンカーの魅力にもなっております。

キッチンカーでしか食べらない商品もありますのでこのブログを読んで頂いた方は述べさせて頂いた事を思い浮かべながら食べて頂けますとこの上ない幸せで御座います。

色々なキッチンカーが並んでいる場合は食べ歩きも醍醐味でオススメです。
とっても幸せな感じに包まれることは間違い無いです!

アラスキッチンカー協会