キッチンカーのランチ営業の話・その9 ~明日なにしよう?~

キッチンカーのランチ営業の話・その9 ~明日なにしよう?~

seedlabs No Comment
未分類

こんにちは!

列島各地で記録的な酷暑となっています。
屋外での仕事が基本の私たちキッチンカーオーナーにとっては、本当に厳しい夏になりそうです。
ランチ営業はほんの数時間なのでまだ何とかなりますが、営業時間の長い週末のイベント営業などでは要注意です。
気象庁が「命を守る行動を」と警告していることを甘く考えずに、しっかりと準備して対策をとりましょう。

さて、前回は「ビジョンを掲げることの大切さ」についてお話ししました。

明確なビジョンを掲げたら、次に決めなければならないのが“ビジョン達成までの道筋”です。

ビジョンは明日、明後日の理想像ではありません。
例えば前回のブログに例として挙げた「一日200食のアベレージで月250万円の売上げをたたき出し続ける、ランチ業界ナンバーワンのキッチンカーになる!」ということをビジョンとして掲げるとしたら、それは一年や二年で達成できるものではありません。
仮にビジョン達成までに5年かかるとしましょう。
5年という時間は過ぎてしまえばあっという間ですが、この先5年と考えると、しっかりとした計画を立てればかなりのことを成し遂げることができるであろうかなりのまとまった時間です。

つまり、いきなり5年後にジャンプすることはできないわけで、5年後にそこに到達するためには、3年後には最低限ここまで行こう、そのためには2年後にはここまで、そのためには来年の今ごろまでにはここまで行こう・・・という段階的な目標を掲げて5年後までの道筋をデザインすることが大事なのです。

5年後、3年後、2年後、来年の今ごろと順を追って逆算してそれぞれの到達点を考えていくと、とりあえず一番近い「来年の今ごろ」の予定到達点が当面の目標となります。
それが明確になると、今度はじゃあ来年の今ごろまでにここまで行くにはどうしたらよいかということを考えるようになります。
いきなり5年後の大きな目標に到達するためにはどうしたらよいかと考えても、現状との差がありすぎて上手に考えることができないでしょう。
それが来年の今ごろの到達点というより小さな目標であれば、何をどうしたらよいのか考えやすくなるはずです。
来年までにここまで行くには、こんなお店になって、このくらい売り上げてないといけない。そのためにはまずはあれをやって、これをこうして、ああ、そういえばあんなこともしないといけないし、こんなこともしてみたいな・・・といろいろなアイデアが浮かび、自分に対していくつかの決意表明をすることにもなるでしょう。

それこそがまさに「戦略」なのです!

「戦略とは、明日何をするかである」とは、1999年当時、経営危機に直面していた日産を短期間で再建させ、「世界の10人の最強事業家のひとり」と称賛されたカルロス・ゴーン氏の言葉です。

来年の今ごろ達成したいゴールが決まると、来年の春までには、今年の冬までには、秋までには・・・と逆算してそれぞれのさらに小さな目標、予定が決まってきて、最終的には「まずは明日何から始めるべきか」が見えてきます。

このようにして、ビジョン達成までの道筋をデザインし、道中に設定した道しるべを予定どおり通過し続けるために何をするべきなのかを考えることがいわゆる「戦略づくり」といわれるものです。

5年後に「一日200食、月250万円」なら、
3年後は「一日100食、月125万円」、
2年後は「一日80食、月100万円」、
来年は「一日60食、月75万円」、
来年の今ごろまでにコンスタントに一日60食売れるお店になるには、メニュー、レシピ、価格、仕入れ、POPや看板の見直しから車の掃除、服装の検討、接客の仕方、自分自身の見せ方などなど、やらなければいけないこと、やるべきことがたくさんあるでしょう。

次回からは、売れるお店、強いお店になるためにやるべきたくさんのことについて、3年前にはまったく売れないダメなお店だった私が実際にやってきたことを一つひとつお話していきます。

酷暑の三連休の中日、みなさん元気に過ごしてください(^-^)ノ

タイ料理 グリーンカレー おいしい移動販売 おいしいキッチンカー
暑い日はやっぱりカレーでしょ!
グリーンカレー大好きです♪スパイスのきいたインドカレーも、甘い日本のカレーライスも全部好き!!