キッチンカーのランチ営業の話・その8 ~大事なのは今じゃない!~

キッチンカーのランチ営業の話・その8 ~大事なのは今じゃない!~

seedlabs No Comment
ランチ営業

こんにちは!

大雨の影響で西日本を中心とした各地に甚大な被害が出ていますね。
多くの尊い命も失われました。被災地の方々にはお見舞い申し上げますとともに、これ以上被害が広がらないことを心よりお祈り申し上げます。

関東でも観測史上もっとも早い梅雨明けだと思ったら、ここ数日は連日の雨でした。
雨に泣かされている同業者のみなさんも多いことと思われますが、雨にも負けない、雨でも売上げにほとんど影響が出ない強いお店を目指して、日々目的と目標を意識しながら頑張りましょう!

さて、前回はビジョンとはなんぞや???というお話をしました。
ビジョンとは近未来の夢と希望の理想像であり、自分が「こうなりたい!」と願う理想の姿です。

ではどんなビジョンを掲げたらよいのか?

それは人それぞれ、なんでもいいんです。笑

ただし!「とりあえず売れるようになりたいな」とか、「ちゃんと生活できるようになりたいな」「人気店になりたいな」といった漠然としたものではダメ。
ランチ中心に営業しているお店であれば、例えば「一日200食のアベレージで月250万円の売上げをたたき出し続ける、ランチ業界ナンバーワンのキッチンカーになる!」とか、数字を組み込んでより具体的な形をイメージすることが大事です。

とはいえ、これでもまだ実は“最終的なビジョン”に到達するための、細分化された“目標のひとつ”でしかないんです。

「一日200食のアベレージで月250万円の売上げをたたき出し続ける、ランチ業界ナンバーワンのキッチンカー」になって人生終わりじゃないですよね?
それを達成したら今度は何をやりたいのか?最終的にはどんなことをして、どんな人生を送って、どんな人になりたいのか?
逆に言えば、将来どんなことをするどんな人になるために「一日200食のアベレージで月250万円の売上げをたたき出し続ける、ランチ業界ナンバーワンのキッチンカー」になりたいのか?
そこまで考えることが大事なんだと思います。答えはすぐには出てこないでしょう。それでもいいんです。
人生の階段をステップアップしていくたびにビジョンも進化していくものですし、何よりそうした人生の行き先を意識しながら日々を過ごすことが大事なのではないでしょうか。

これありなしで毎日を過ごすことの差は、「積み重ね」があるかないかです。

目標を掲げている人は常に明確な目標の達成を意識しているので、毎日の努力が目標達成に向けてどんどん積み重ねられていきます。

一方そうでない人は、同じように毎日頑張っていても、結果毎日同じことを繰り返しているだけなので何の積み重ねにもなりません。

もったいないですね。

「そんなことない!真面目に毎日頑張っていれば、必ず何かにつながる!」という人もいるでしょう。
たしかにそれで何かにつながる人もいるでしょう。でもそれは非常にまれなケースです。宝くじに当たる人がたまにいる、みたいなものですかね。
ミラクルはそうそう起きるものじゃない。
成功する人がなぜ成功するのかといえば、成功までの道筋をしっかりとデザインし、道中にある段階的な目標を予定どおり一つひとつクリアしてきたからなのです。

以前、同業者の人から「どうやったら売れるようになるのか」と相談を受けたときに、できること、やるべきことは数えきれないくらいたくさんあるなかで、私なりにその人を見て僭越ながら「日々の売上げに固執しない。先を見据えて今を過ごすことが大事」とアドバイスをさせていただいたことがありました。

そのときの反応は・・・「そりゃあ、あなたはもうちゃんと食えてるから言えることであって、そうでない人にとって日々の売上げより大事なものはない」と言われました。

私は言いました。「反対だよ。最初からずっとそういう考えでやってきたからこそ今食えてるわけであって、そういう考えができなかったらいつまでたっても食えるようにはなれなかった。」

先の目標を意識することなく毎日ただがむしゃらに頑張って一年が過ぎても、それは同じことを365回繰り返しただけ。
365日たっても行き着く先は365日前よりほんの少しいい程度。

明確な目標を掲げて、今に固執することなく、目標だけを見据えて、達成を意識しながら365日を過ごせば、仮に目標が達成できなかったとしてもそこに近いところまでいけるはずです。

ランチ営業を開始した約3年前、私の一日のアベレージは30食程度でした。雨が降ると一日10食も売れない日もありました。
それこそ全然売れない、ダメなお店だったのです。

それでも、日々の売上げはあまり気にすることはなく、ましてやそこに固執するようなことは決してありませんでした。
バカだったからじゃないですよ。笑 まあ、基本バカですけど。笑笑
私には明確なビジョンとそこに向けた段階的ないくつもの目標があったのです。

だから「今は30食でも、これが目標どおり来年には60食に伸びて、再来年には100食に伸びるんだから、まったく問題ない」と、そんな風に考えていました。一日30食しか売れていないのに、やっぱりバカだったのかな。笑

でも、どうやって60食という来年の目標を達成するのか、どうやって100食という再来年の目標を達成するのかということについては、それこそ休みの日でも、ベッドに入っているときでも、テレビを観ているときでも、風呂に入っているときでも、営業中お客さんと会話しているときでも、移動中でも、常に考え続け、絶対に目標を達成してやる!というものすごく強い気持ちだけは日々ずっと持ち続けていました。

結果、昨年末には予定どおり100食に到達したアベレージは、その後実施した次なる新たな作戦によって今では130食にまで伸びました。
これを150食まで伸ばすのが次の目標であり、達成のための戦略はもちろんすでに考えてあります。

作戦だ、戦略だ、というとなんだか難しそうに聞こえるかも知れませんが、ビジョンを掲げ、ビジョンまでの道筋となる段階的な目標をつくったら、次にやらなくてはいけないのは「戦略」を考えることです。

ビジョンを掲げただけで「よーし、やるぞ!」と言ってみても、何も前には進みません。
さっきも言ったとおり、ミラクルは起きないからです。

長くなったので今回はこの辺までにして、次回は「戦略とはなんぞや?」というお話をしようと思います。

ではでは!また次回お目にかかります♪

パエリア スペイン料理 キッチンカー 移動販売 フードトラック 派遣 出張 東京 千葉 埼玉 神奈川 茨城

美味しいと評判のパエリアを提供するキッチンカーがあるんですが、残念ながらまだ食べに行けてません。
お勉強のために時間をつくらねば!!