移動販売の歴史 ⑧

移動販売の歴史 ⑧

seedlabs No Comment
2017年

アラスキッチンカー協会の島です。

9月に入りました。雨の多かった8月は特に梅雨明けしていないんじゃ無いの?

くらい雨が多かったですね!雨で家屋や農業関係で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

しばらくアップしていませんでしたが、休んでいた訳では無いんです。

夏のイベントに追われやっと一息ついた所で御座います。

夏の風物詩の花火大会も雨で大打撃を受けてしまいました(泣)

まだ花火大会に行けてない方に朗報です。

調布花火大会が今年から秋に変更になりました。

10月28日(土)詳細は【調布花火大会】で検索して下さい。

何故?夏から秋に変わったか?それは最近の夏の天候が不安定なのと

昨年の花火大会当日は台風予想だったのです。ところが台風は何処へやら晴天に恵まれました。無事に花火大会が終了後に台風がやって来ました。次の日に片付けるテーブル・椅子・仮設トイレまで多摩川の氾濫で全て流されてしまうと言うなんともトホホな事が置きてしまいました(泣)そんなこんなで秋に開催になったのです。

 

前置きはこのくらいにさせて頂きいよいよ高度経済成長の日本

昭和30年代に突入です。朝鮮戦争もあり日本の経済はフル活動

大学卒の初任給 1万2千円

ラーメン1杯50円の時代です。テレビ放送開始、徐々に戦後日本から脱却に向かい庶民の生活も貧しいながらも夢が沢山あった時代です。

自動車産業もこぞって国民車構想に着手し当時は相当高価な車から庶民が乗れる車の開発に没頭していました。

当時の通産省の助成金の対象は下記の通りです。

・リッター20km以上

・スピードが100km以上出せる事

・4人乗り

・オリジナリティー

上記が条件の対象でした。

トヨタ・三菱重工(現スバル)・いすゞ・ダットサン(現日産)

マツダあたりが小型車の販売の先駆けでした。

このスバルサンバー(ワンボックス)の登場で移動販売がガラリと変わります。

リヤカーから現在のキッチンカーの元祖になっていくんです。

しかし車が高価な為にリヤカーが大多数でした。

当時の画期的な移動販売での食べ物は主に焼き芋・アメリカングラフィティーの登場で日本にもホットドッグが誕生します。

ドリンク類は主に瓶コーラ・瓶ジュース・瓶ビールなどです。

瓶なので売れても帰りは持ち帰らなくてなりませんでした。

かなりの苦労があったと思います。出店場所も確立されておらず保健所の車での移動販売の許可証が何か?かなりの試行錯誤があり現在に至っております。(感動)

このスバルサンバーが無ければ車での移動販売はもっと遅れた事と思います。

17c7d1ef32f755a73b9b6a959c237534260px-Sambar1st

o0800055113070815505

 

アラスキッチンカー協会